MENU

GAME REPORT

  

シーホース三河 vs アルバルク東京

開催場所 さいたまスーパーアリーナ コミッショナー
試合区分 男子準々決勝 クルーチーフ 平原 勇次
開催期日 2019年1月10日(木) 1st/2ndアンパイア 増渕 泰久 / 眞榮喜 工
開始時間/終了時間 16:45 / 18:20
開催場所 さいたまスーパーアリーナ
開催期日 2019年1月10日(木)
試合区分 男子準々決勝
コミッショナー
クルーチーフ 平原 勇次
1st/2nd
アンパイア
増渕 泰久 / 眞榮喜 工
開始時間/終了時間 16:45 / 18:20

ゲームレポート

シーホース三河55 55 11 1st 17 73 アルバルク東京73
18 2nd 21
10 3rd 26
16 4th 9

【総評】
過去9回の優勝を誇るシーホース三河とBリーグ王者・アルバルク東京の対決。序盤はどちらもシュートが決まらず、ロースコアな展開で始まる。17-11とA東京がリードして迎えた第2クォーター、三河は#32桜木ジェイアールが巻き返しを図る。しかし、堅守からチームオフェンスで対抗するA東京が一時13点差まで引き離す。粘る三河が前半終了間際に連続得点を挙げ、38-29と一桁点差に戻して折り返す。第3クォーター、三河の得点を10点に抑え、逆に速攻から得点を重ねたA東京が抜け出し、64-39と25点差をつける。三河が連続得点を挙げるが追いつけず、73-55でA東京が勝利し、準決勝進出を決めた。

【第1クォーター】
A東京#53アレックス・カークの3ポイントシュートで先制する。三河は#32桜木ジェイアールを起点にゴールを狙うが、守りの堅いA東京に阻まれる。一方、A東京はオフェンスのチャンスを生かせずに、得点が伸びない。三河は代わって入った#3ケネディ・ミークスの得点で巻き返すが、最後はA東京#6馬場雄大がゴールにねじ込み、17-11とA東京がリードして第1クォーター終了。

【第2クォーター】
#15竹内譲次がオフェンスリバウンドから得点を挙げ、19-11とA東京がリードを広げる。対する三河は#32桜木の活躍で反撃開始。しかし、A東京は堅守からチームオフェンスで打開していく。残り4分、#3安藤誓哉の3ポイントシュートで30-21と9点差をつける。#32桜木がベンチに下がるとさらにA東京の勢いが増し、3連続得点で36-23と二桁点差に開く。粘る三河は#3ミークスがラストシュートを決め、38-29と一桁点差にして前半終了。

【第3クォーター】
#32桜木の得点で38-31と三河が7点差に迫る。しかし、A東京のディフェンスの前に得点が続かない。逆にA東京はコンスタントに得点を挙げ、#31ジャワッド・ウィリアムズの3ポイントシュートで46-33と再び13点差に広げる。ゴールが遠い三河に対し、A東京はディンフェスから速攻につなげて得点を重ねていく。三河は早くも2つのタイムアウトを取って立て直しを図るが、A東京の勢いは止まらない。64-39とA東京が25点差をつけて第3クォーター終了。

【第4クォーター】
A東京はディフェンスを緩めることなく三河のミスを誘うが、続くオフェンスで得点につなげられない。三河は得点源である#14金丸晃輔やインサイドの#5アイザック・バッツらが5連続得点を挙げて66-50とする。しかし点差は縮まらず、逆に時間だけが過ぎていく。結局、73-55でリードを守ったA東京が勝利した。

page top